HOME » Promotion & Campaign »

リリース日:2018年7月11日

アエロメヒコ航空 メキシコ プロモーション セミナーを開催

Check
   アエロメヒコ航空(AM)はこの度、都内にて旅行会社を対象としたセミナーを開催した。このセミナーには、メキシコ観光局も協力し、新たなフライト情報や、メキシコの観光情報が紹介された。
 
 AMからは、昨年3月からの成田―メキシコシティ線のデイリー運行が好調に推移し、中南米他国へのアクセスがさらに良くなった件が発表された。今後注目される中南米諸国として、ペルーや、コロンビアのボゴタ、美しいビーチリゾートが多いコスタリカなどが上げられた。実際に乗り継ぎ時間も短く、乗継のゲートウェイとなるメキシコシティ空港ターミナル2でも荷物を受取る必要がなく、そのまま税関ブースを通って乗継便ゲートに向かえるなど、乗客にとってよりシンプルで便利になった。
 またこの9月より実施される、JALとのコードシェアも発表された。これで日本各地域からメキシコ、中南米方面へのアクセスがより容易になる。
メキシコ政府観光局からは、駐日代表ギジェルモ エギアルテ氏より、日本―メキシコ間の良好な産業関係を説明するとともに、日本人に人気の高いリゾートや古代文明遺跡、グルメやショッピングなどあらゆる魅力が詰まった点を「メキシコは、パーフェクトコンビネーション」という表現で紹介した。
 また、メキシコ観光の喜代田誠人氏からはランドオペレーターの目線による、お勧めの観光地として、「コロニアルシティとメキシカンビーチリゾートの魅力」と題したプレゼンテーションがおこなわれた。

 

▲写真:メキシコセミナー観光ミッションのプレゼンテーションメンバー
 左より、アエメヒコ航空営業課長 岸田朋子氏、アエロメヒコ航空日本支社長 加藤欣弥氏、メキシコ政府観光局駐日代表 ギジェルモ エギアルテ氏、メキシコ観光営業部長 喜代田誠人氏