HOME » Promotion & Campaign »

リリース日:2018年7月2日

中国東方航空「岡山-上海線」就航20周年記念式典を開催

Check
  中国東方航空(MU)は、6月30日に岡山桃太郎空港にて岡山-上海線就航20周年記念式典を開催した。同路線は1998年6月30日に週2便で運航開始し、今年で20年の節目を迎える。式典で挨拶に立ったMU日本支社の李格(り かく)営業本部長は「今後もこの路線を育て拡大し、二国間の経済・文化交流の一翼を担っていきたい」と述べた。当日は岡山県マスコットである「ももっち」「うらっち」も駆けつけ、盛大に祝ったほか、この日の搭乗客全員に、記念品として岡山製デニム生地 MUロゴ入りポーチとマスキングテープが贈られた。

    岡山-上海線は今年1月~6月までの利用者数が前年比で17%増加しており、年内に就航から累計利用者数が100万人を突破する見込みとなっている。MUでは、これからも岡山桃太郎空港から「飛んで上海、そして世界へ」をスローガンに新しい提案をしていきたいとコメントしている。

●岡山-上海線 運行スケジュール
MU528 毎日 岡山発  9時10分 上海着 10時30分
MU527 毎日 上海発 17時30分 岡山着 20時40分

●主な上海乗継目的地
上海発国内線利用:大連、北京、西安、成都、ハルピン、長春、桂林など
上海発国際線利用:香港、マカオ、台湾、バンコク、シンガポール、カンボジア、ベトナム、ハワイ、パリ、ロンドン、ローマなど