HOME » トラベルジャーナル »

リリース日:2018年4月9日

週刊トラベルジャーナル2018年4月9日号(特集:2030年の旅行業 未来予測からのビジネス考)発行のお知らせ

Check
【編集長より】

 2030年展望と改革タスクフォースが描く未来予想図は刺激的です。

 第4次産業革命を巡るグローバル競争の激化やシェアリングエコノミーの進展、人口減少・高齢化や共助社会の拡大などといった環境の変化に触れ、目指すべき経済社会の姿を示します。

 また、目指すべき姿からバックキャストして、その実現に向けた検討を行う必要性を説きます。

 特集「2030年の旅行業」では想定される変化を踏まえ、2030年の旅行業の姿を予測しました。

 果たして12年後に生き残る旅行業の未来絵図とは……。





【特集】
 *2030年の旅行業
  未来予測からのビジネス考

 2030年を見据えた日本の未来予測が次々にまとめれている。人口構成や市場の変化、AI(人工知能)などの技術革新が急速に進み、そこに描かれるのはかつて経験したことのない劇的な変化を遂げた未来図だ。その時、果たして旅行業界は……。2030年の変化を展望し、2030年の旅行業の姿を浮き彫りにしていく。

  ▽未来予測が示す2030年
  ▽Theme1人工知能が変える店頭販売
   黒須靖史(ステージアップ代表取締役)
  ▽Theme2訪日市場主導する国内仕入れ
   平林潤(アクセンチュア デジタルコンサルティング本部シニア・マネジャー)
  ▽Theme3人口構成の変化と旅行予約・手配
   野澤肇(JTB総合研究所代表取締役社長)
  ▽Theme4移動の高速化で旅の形態は
   村瀬茂高(ウィラーグループ代表)

---------------------------------------------------------------------

論文
 *サスティナブル・ツーリズム原理論の展開過程(後編)
  サスティナブル・ツーリズムの可能性を求めて
  大橋昭一(元和歌山大学観光学部長)

注目のニュース
 外国人の医療トラブル対策に本腰
 ピーチとバニラ、19年度末に統合
 農泊受け入れ、7割が訪日客増
 1月百貨店外客売上、過去最高

誌上セミナー
 *中国人客の購買パワー獲得術

コラム
 *視座 大下幸夫(IGRいわて銀河鉄道銀河鉄道観光所長)
 *SCRAP ニュースに見る海外の旅行ビジネストレンド
 *統計データは語る
 *ビジネスパーソンの日々雑感

統計・資料
 *2017年賃金実態調査