HOME » トラベルジャーナル »

リリース日:2018年3月5日

週刊トラベルジャーナル2018年3月5日号(特集:急増するカード不正利用 グローバル時代のリスク管理)発行のお知らせ

Check
【編集長より】

 旅行商品の販売で、クレジットカード決済の盲点を突いた不正行為が多発しているといいます。

 航空券払い戻しの仕組みの悪用や、エージェント機能を持つ不正ブローカーの登場で換金がしやすくなり、日本の旅行業界が狙われ始めた様子。

 販売者側の落ち度とみなされればクレジットカード会社からの入金もなく、被害額も膨らんでいるようです。

 特集「急増するカード不正使用」では、その現状を取材しました。

 増加する訪日外国人市場との相関も指摘されており、グローバル化を実感しています。



【特集】
 *急増するカード不正利用
  グローバル時代のリスク管理

 オンライン販売量に比例し、旅行業界でクレジットカードの不正使用が増加している。拍車をかけているのがグローバル取引の拡大で、世界的な旅行デスティネーションとして日本の価値が上昇するのに伴い、ますます不正の標的になるのは間違いない。旅行業界はどう対処すべきなのか。

 ▽狙われる旅行取引
 ▽楽天の防止対策
 ▽オンライン詐欺の世界的動向
  牛場春夫(フォーカスライト日本代表/航空経営研究所副所長)
 ▽リスク低減化への鍵
  西原正浩(NTTデータ経営研究所金融政策コンサルティングユニット シニアマネージャー)

---------------------------------------------------------------------

注目の事例
 *インスタ活用に道筋
  HISのタビジョ
  オフ会、ツアー企画に発展

注目のニュース
 30年の出張市場、15%減の2.8兆円
 JR東日本、ベンチャーと連携加速
 ANTAフォーラム、高知で初開催
 1月の客室利用率72.8%

誌上セミナー
 *今日からできる120%予算達成術

コラム
  *視座 萬年良子(ベルトラ取締役副社長兼最高執行責任者)
  *黒須靖史のミステリーショッパー
  *ビジネスパーソンの日々雑感 安部敏樹(リディラバ代表取締役)