HOME » 新サービス&新商品のご案内 »

リリース日:2017年9月12日

コスタクルーズ、2017年10月20日(金)運航開始 「コスタネオロマンチカ」太平洋周遊クルーズ

Check
ヨーロッパ最大のクルーズ会社、コスタクルーズ(日本支社:東京都千代田区、日本支社長:糸川雄介)は、2017年4月にアジアに初投入した同社のワンランク上の客船『コスタネオロマンチカ』を2017年10月20日(金)より、拠点となる港を福岡から東京に移し、コスタクルーズ初の自主運行での太平洋周遊クルーズを合計9本運航します。

※太平洋周遊クルーズは10月20日(金)から1月27日(土)までの期間、『コスタネオロマンチカ』(総トン数:57,150トン、最大乗客定員数:1,800人)で運航し、全国の旅行代理店にて販売中です。これらのクルーズは名古屋、神戸/大阪でも乗下船可能なインターポーティングとなります。

また初入港となりますので、10/20は東京都港湾局による歓迎セレモニーが予定されております。(セレモニーの詳細につきましては、追ってご案内いたします)

●10月20日から12月上旬まで、「錦秋浪漫紀行済州島・鹿児島クルーズ6泊7日」と「南国エスケープ!
沖縄・台湾あったか島めぐりクルーズ8泊9日」を交互に、合計5本実施します。さらに12月24日より、「リゾート満喫!クリスマス・年末年始ゆったり島めぐりクルーズ10泊11日」を設定、東京と神戸から乗船し、奄美大島、石垣島、台湾、那覇、四日市をめぐる年末年始の休暇をお楽しみいただけます。1月2日に寄港する四日市では寄港地観光ツアーなどで初詣にもお出かけいただけるでしょう。

続く1月から3月までは、「南国エスケープ!沖縄・台湾あったか島めぐりクルーズ8泊9日」を合計3本実施します。真冬の東京や名古屋を抜け出して南国で過ごす船上の「スローライフ」をご提供します。