HOME » Promotion & Campaign »

リリース日:2017年8月24日

TAT、フライ&ドライブでめぐる タイ南部旅トークショーを開催

Check
  タイ国政府観光庁(TAT)は、このほど、インプレスのトラベルWatchとの共催で一般向けイベント「観タイ!食べタイ!楽しみタイ!フライ&ドライブでめぐる タイ南部旅トークショー」を開催した。このイベントは、先ごろ実施されたモデルの染谷有香さんによるタイ南部のドライブ体験旅行取材をもとに、その魅力を一般の人にもシェアする目的で開催されたもの。当日はトラベルWatch谷川潔編集長の進行により、染谷さん本人とTAT東京事務所の藤村喜章マーケティングマネージャーによるトークショー形式で実施。タイ南部のプーケットやクラビ、トラン、ナコーンシータマラートなどの観光スポットを紹介しつつ、様々なアクティビティ、グルメ、ドライブ事情が披露された。


▲写真:モデルの染谷有香さんとTAT東京事務所の藤村喜章マーケティングマネージャーによるトークショー。当日は来場者からの質問に答えたほか、ニコニコ生放送の中継による視聴者からの質問にも答えた。

  イベントの開催にあたり、挨拶に立ったTAT東京事務所のパッタラアノン・ナチェンマイ所長は、タイでのフライ&ドライブを勧める理由として、地方都市は特に公共交通機関が発達していないため、ドライブ旅行が有効であることや、カーナビやグーグルマップが使えること、面積が大きいため、道路幅が広く、近年は道の状態も良くなっていることなどをあげた。また、交通規則が日本と同じ右ハンドル、左側通行のため、運転にも馴染みやすく、「タイも車社会であるため、車好きな人は、ぜひドライブ旅行を楽しんでいただきたい」と語った。


▲写真: TAT東京事務所のナチェンマイ所長は、フライ&ドライブ紹介のほか、女性対象キャンペーンなどTATの様々な活動も紹介した。

 イベントの第2部では、日本航空(JL)のバンコクベース所属のCAであるムーミット・カモンチダ氏と、エイビスレンタカーの日本地区責任者である成瀬雄一氏もゲストスピーカーとして加わり、機内食や機内での過ごし方、レンタカーの借り方からタイでの運転についての詳細な解説も行われた。また、タイの一番の魅力は何かについて発表するコーナーもあり、それぞれが考える熱い回答も発表された。当日の模様はYouTubeで視聴可能。 https://youtu.be/fnuPrTCwdmM