HOME » イベントのお知らせ »

リリース日:2017年4月17日

2018年7月、サンフランシスコにて『ラグビーワールドカップ・セブンズ』の開催が決定

Check
アメリカ合衆国ラグビー協会は、昨今世界中で人気を博している7人制ラグビーの世界大会、『ラグビーワールドカップ・セブンズ(以下、RWC)』が2018年7月20日から22日にかけて、サンフランシスコ市において開催することを発表しました。

7人制ラグビーは、世界中で広く普及しているスポーツで、アメリカンフットボールとサッカーのスピード、敏捷性、チームワークを持ち合わせ、比較的速いスピードで展開されるラグビーです。チームは7人のプレーヤーで構成され、試合は前半、後半各7分のハーフで行われます。ワールドカップの壮大な舞台となるのは、サンフランシスコを象徴するスタジアムで、MLBサンフランシスコ・ジャイアンツのホームでもある「AT&Tパーク」で、同スタジアムは、収容人数42,000席を誇ります。米国で最も質が高く、国民に親しまれるスポーツ施設の1つであり、サンフランシスコ湾を見渡すウォーターフロントに沿った、サンフランシスコのダウンタウンに位置しています。

同大会のチケットおよびトラベル・パッケージは本年7月に発売となる予定で、観戦するお客様が世界中から集まることを期待しています。詳細は以下のURLよりご覧いただけます。

RWCセブンズ2018のウェブサイト:www.rwcsevenまた、RWCのニュースレター購読をご希望の方は、www.rwcsevens.com/newsletterにて登録いただけます。
今回のワールドカップは、エジンバラ、香港(2回)、マル・デル・プラタ、ドバイ、モスクワに続き開催される第7回目のトーナメントとなります。ロシアのルジニキ・スタジアムで開催された大会において、男子・女子ともに優勝しているニュージーランドはそのタイトルを死守すべく、オリンピック金メダリストであるオーストラリア(女子)、フィジー(男子)、さらに強豪である米国と熱戦を繰り広げることが予想されます。

「サンフランシスコはRWCを開催するには最も理想的な地であると言えます。この街は、昨今スーパーボウル50やアメリカズ・カップ(ヨットレース)のような世界的スポーツイベントをホストしており、その経験を積んできました。サンフランシスコは、ワールドチャンピオン3冠に輝いたサンフランシスコ・ジャイアンツやNBAチャンピオンのゴールデンステート・ウォリアーズなどを擁しており、市民のスポーツへの関心度が高く、2018年に世界中のラグビー選手やファンをお迎えするのを心待ちにしています」(サンフランシスコ観光協会社長兼最高経営責任者ジョー・ダレッサンドロのコメント)

「RWCの開催日程を発表することは、世界中のファンにとって、サンフランシスコを訪れる計画を練り始めるためには大変重要なステップです。3日間にわたる素晴らしいラグビー観戦と、サンフランシスコとその周辺地域の旅の体験は、世界中のラグビーファンにとって生涯忘れ得ぬ休日になることでしょう。昨年のリオ・オリンピックにおいて、7人制ラグビーは更に人気を博しました。前回のワールドカップの成功を礎に、私たちは、その熱気が今後も高まっていくよう努力してまいります。RWCセブンズが北米で開催されるのは今回が初めてで、アメリカとカナダにおけるラグビーファンは今からその開催を心待ちにしています」(ワールドラグビービル・ボーモント会長のコメント)

「我々はラグビーワールドカップ・セブンズの開催国となることを誇りに思っています。このイベントは、世界最高レベルの選手による質の高いプレイで熱狂的なファンを喜ばせるだけではなく、新たなスポーツファンを生み出すことでしょう。私たちの本拠地で行われるこの偉大な大会を通じて、次なるラグビースターたちが誕生することに、大変胸が高鳴ります」(USAラグビーダン・ペインCEOのコメント)

「2018年にこの有名な大会を開催することに興奮しています。私たちのスタジアムは、2000年にオープンして以来、多くの世界クラスのイベントを開催してまいりました。トップクラスの7人制ラグビー選手たちと世界中のファンをAT&Tパークで歓迎する機会に恵まれ、大変光栄です」(サンフランシスコ・ジャイアンツラリー・ベイア会長兼CEOのコメント)

●ワールドラグビーについて
ワールドラグビーは、2015年に最大規模の国際セブントーナメントの米国ラグビーホスティング権を付与しました。米国ラグビーは、ワールドラグビー、現地のパートナーおよび関係者と協力してサンフランシスコで開催されるこの国際試合の企画と提供をリードしています。詳細については、下記ウェブサイトをご覧ください。
www.usarugby.org/rwc7

●USAラグビーについて
1975年に設立されたアメリカラグビーは、アメリカのラグビースポーツの統治機関であり、米国オリンピック委員会のフルスポーツ会員です。現在コロラド州ボルダーに本社を置き、USAラグビーはあらゆるレベルでのゲーム開発を担当しており、35,000人以上の大学生ラグビーと35,000人のシニアクラブラグビーが所属、10万人以上のアクティブメンバーを抱えています。USAラグビーは、4つの代表チーム、複数の大学、高等学校の全米チーム、そしてエリート選手のための新しいオリンピック開発ルートを監督しています。メンバーへのサービスとして、毎年30回以上の国内決勝戦とチャンピオンシップイベントを開催しています。詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。www.usarugby.org

●サンフランシスコ観光協会
サンフランシスコ観光協会は、レジャー、コンベンション、ビジネス旅行目的地として街を売り出している民間の非営利団体で、1,300以上のパートナー企業を擁し、国内最大の会員制観光振興機関です。サンフランシスコ最大の産業である観光業は、2016年に記録的な数字を生みましました。251万人以上の人が目的地を訪れ、96億9000万ドルを超えています。観光業は76,520件以上の雇用も支えています。